×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

家族が糖尿病になったら

家族(かぞく)が糖尿病(とうにょうびょう)だとわかったら、糖尿病(とうにょうびょう)になった本人(ほんにん)はもとより、家族(かぞく)もまた糖尿病(とうにょうびょう)に関し(にかんし)てどう対処(たいしょ)していいのかわからず不安(ふあん)に感じる(かんじる)と思い(とおもい)ます。どんな食事(しょくじ)にすればいいのか、どんなことに気(き)をつけて家族(かぞく)と接(せっ)すればいいのか迷う(まよう)はずです。できれば、糖尿病(とうにょうびょう)になった本人(ほんにん)と一緒(いっしょ)に医師(いし)から話(はなし)を聞く(きく)のがよいでしょう。複数(ふくすう)で話(はなし)を聞く(きく)ことによって、病気(びょうき)にどう対処(たいしょ)すればいいのか理解(りかい)が深まり(ふかまり)ますし、疑問(ぎもん)に思う(おもう)ことも直接(ちょくせつ)尋ね(たずね)られます。医師(いし)も患者(かんじゃ)本人(ほんにん)1人(にん)に話す(はなす)より、家族(かぞく)にも理解(りかい)してもらった方(ほう)が安心(あんしん)すると思い(とおもい)ます。糖尿病(とうにょうびょう)教室(きょうしつ)などに一緒(いっしょ)に出席(しゅっせき)するのも良い(よい)でしょう。低血糖(ていけっとう)になった時(とき)の対処(たいしょ)方(かた)など、本人(ほんにん)だけでなく家族(かぞく)に知っ(しっ)ておいてもらった方(ほう)が良い(よい)ことがたくさんあるからです。家族(かぞく)の食事(しょくじ)に関しては(にかんしては)、糖尿病(とうにょうびょう)食(しょく)を作っ(つくっ)たり、食(しょく)しているのを見る(みる)と辛く(からく)感じる(かんじる)かもしれません。しかし、家族(かぞく)もまた食生活(しょくせいかつ)を見直す(みなおす)良い(よい)機会(きかい)です。2型(がた)糖尿病(とうにょうびょう)であれば、家族(かぞく)もまた糖尿病(とうにょうびょう)になる可能性(かのうせい)が高い(たかい)のです。家族(かぞく)全員(ぜんいん)の健康(けんこう)を維持(いじ)するうえでも、家族(かぞく)全体(ぜんたい)の食事(しょくじ)を見直し(みなおし)、栄養(えいよう)バランスのとれた食事(しょくじ)を取る(とる)よう心がけ(こころがけ)ましょう。糖尿病(とうにょうびょう)食(しょく)を家族(かぞく)が理解(りかい)し、作っ(つくっ)たり、カロリーを考え(かんがえ)たりすると、健康(けんこう)な食事(しょくじ)とはどのようなものか理解(りかい)が深まる(ふかまる)でしょう。糖尿病(とうにょうびょう)の家族(かぞく)に対(たい)しては、あまり厳しく(きびしく)接し(せっし)ても本人(ほんにん)が辛い(からい)思い(おもい)をするだけですが、薬(くすり)の飲み忘れ(のみわすれ)などしないように、心(こころ)にとめて接し(せっし)ましょう。ストレスもまた、糖尿病(とうにょうびょう)を悪化(あっか)させる原因(げんいん)のひとつです。家族(かぞく)もまた、糖尿病(とうにょうびょう)にならないために一緒(いっしょ)に生活(せいかつ)改善(かいぜん)に取り組め(とりくめ)るといいですね。離れ(はなれ)て暮らす(くらす)家族(かぞく)が糖尿病(とうにょうびょう)の場合(ばあい)は、心配(しんぱい)が余計(よけい)につのりますね。地域(ちいき)の民生(みんせい)委員(いいん)さんに事情(じじょう)を説明し(せつめいし)ておいたり、ヘルパー派遣(はけん)、1人(にん)暮らし(ぐらし)の人(ひと)への訪問(ほうもん)ボランティアなど、様々(さまざま)なサービスを利用(りよう)することで、いざというときの心(こころ)の拠り所(よりどころ)を作っ(つくっ)ておきましょう。また、離れ(はなれ)ていてもできるだけ様子(ようす)を見に行っ(みにいっ)たり、連絡(れんらく)を取る(とる)ように心がけ(こころがけ)てください。

糖尿病 食事

家族が糖尿病だとわかったら、糖尿病になった本人はもとより、家族もまた糖尿病に関してどう対処していいのかわからず不安に感じると思います。

糖尿病 食事